No.5 リバイバルと改革
No.5 リバイバルと改革
No.5 リバイバルと改革
販売中: 在庫あり
¥0 ¥100
お気に入りリスト 比較

ロバート・ピアソン 著
A6サイズ、色:全カラー

ロバート・ピアソン (1966–1979年 のSDA 世界総会総理)
彼は、教会の背教を嘆き、何よりも優先すべきは、リバイバルと改革であることを全世界の教会に訴えた。
この記事は、1973 年に送られたメッセージである。現代のSDA の本当の問題は、組織の機構改革でも人事でも経済でもなく、実は霊的な問題であるということを繰り返し訴えている。教理、神学に目を向けようとしない今日の教会に向かって彼は、「教会の使命は正しい神学にかかっている」と言う。そして教会の目標は、神の理想、完全な品性であり、それが見られないと福音伝道の完成はないと言う。今日のラオデキヤ教会の一人一人が真剣に耳を傾けるべきメッセージではあるまいか。