人は死んだらどうなるか?(大争闘下33章)
人は死んだらどうなるか?(大争闘下33章)
人は死んだらどうなるか?(大争闘下33章)

人は死んだらどうなるか?(大争闘下33章)

販売中: 在庫あり
¥0 ¥100
お気に入りリスト 比較

E・G・ホワイト 著 (大争闘下巻33章)
A6サイズ、色:全カラー

人生の様々な謎の中で、死後の問題ほど大きい位置を占めているものはない。
人が死んだら、すべては終わりなのだろうか。死んだら、すぐ善人は天国に行くのだろうか。悪人はすぐ火の地獄へ行くのだろうか。永遠の責め苦というのがあるのだろうか。神は愛の神だから、結局はみんな天国に行くという、普遍救済説もある。霊魂は不滅という説は何処から来たのだろうか。死んだら霊魂はどこかでいつまでも生き続けるのだろうか。聖書の言葉でこれほど曲解されている問題はないのではなかろうか。

よく死んだら「昇天」「召天」という言葉がキリスト教会でも、一般でも使われる。

「死者に意識が あるという教理は、霊魂不滅という根本的な誤りに基づくものである。そしてこの教理は、永遠の責め苦という教えと同様、聖書の教えに反するものであり、理性の命じるところにも、人間の慈悲の心にも、相反するものである。」