ただ一つの防壁―聖書(大争闘下37章)
ただ一つの防壁―聖書(大争闘下37章)
ただ一つの防壁―聖書(大争闘下37章)
ただ一つの防壁―聖書(大争闘下37章)
ただ一つの防壁―聖書(大争闘下37章)
ただ一つの防壁―聖書(大争闘下37章)
ただ一つの防壁―聖書(大争闘下37章)
ただ一つの防壁―聖書(大争闘下37章)
ただ一つの防壁―聖書(大争闘下37章)
ただ一つの防壁―聖書(大争闘下37章)
ただ一つの防壁―聖書(大争闘下37章)
販売中: 在庫あり
¥0 ¥100
お気に入りリスト 比較

E・G・ホワイト 著 大争闘下巻(37章)
A6サイズ、色:全カラー

命をかけてプロテスタントは、「聖書、聖書のみが基準」であることを勝ち取ったが、再び危機が訪れてきた。「聖書にこう記されている」よりも、人間の哲学、神学、教会の解釈、権威に服するようにマインドコントロールされる危機がキリスト教会にもありはしないか。「サタンはいつも、神の代わりに人間に注意を向けさせようと努力している。彼は、人々が自分で聖書を探って自分の義務を学ばないで、監督や牧師や神学者を案内者とするように導く。そうする時に、サタンはこれらの指導者たちの心を支配することによって、大衆を意のままに感化することができるのである」。